お知らせ

現在、緊急の連絡はありません。
 
 

教職員メニュー

カウンタ

43634
9/6まで、75,950アクセス(2018年度)

リンク

「学力体力向上運動」トップページへ

 

北海道釧路江南高等学校
085-0051
北海道釧路市光陽町24-17

TEL 0154-22-7987(職員室)
    0154-22-2760(事務室)
FAX   0154-22-2760
MAIL  k-konan-z0※hokkaido-c.ed.jp
         (アドレスは※を@にしてください)



本ホームページは、北海道釧路江南高等学校が教育利用を目的として運営している、公式ホームページです。内容及び画像の無断転載をお断りします。


 

自然災害等発生時の対応について

北海道釧路江南高等学校

1 次の場合は、臨時休校とします。

釧路地方に気象及び地震発生に伴う津波に関する特別警報(大雨・暴風・暴風雪・大雪及び大津波など)、又は避難指示・避難勧告が発表された場合 

2 登校前、次のいずれかに該当する場合は、自宅待機とします。

(1)  居住している地域や、通学に使用しているJR及びバス等の公共交通機関が運休となっている場合

(2)  居住している地域の天候や、道路状況により、各家庭で通学が困難であると判断した場合

(3)  ミサイル等の発射に伴い警報が発令された場合

3 確認事項

(1) 臨時休校

    臨時休校が前日に決まった場合は、保護者あて文書を生徒に配付し、本校ホームページにも掲載します。

     当日の朝、臨時休校が決まった場合は、本校ホームページに掲載します。ホームページでの確認ができない場合は学校又は担任にお問い合わせください。

     臨時休校の翌日も交通機関への影響が残ることがあります。その場合は「交通障害による出席停止」となりますので、無理をして登校せず、保護者から担任へ連絡してください。

     臨時休校となった授業時間については、生徒の学習権確保のため、7時間目の設定や長期休業期間を利用するなどの方法で補充授業を行うことを原則とします。



 

 

(2) 自宅待機

    自宅待機の場合は、学校からの連絡はありません。保護者が判断した時点で担任へ連絡してください。電話がつながりにくいことも予想されます。追って担任から状況確認の連絡をします。

     自宅待機で欠席した場合は、「非常変災等(自然災害)による出席停止」となりますので、保護者による送迎も危険回避を最優先とし、周辺の状況を十分に考慮して判断してください。

     自宅待機で登校できなかった生徒については、個別に補充授業を行うことを検討します。

(3) ミサイル等発射に伴う警報が発令された場合の対応

①登校(下校)時に発令された場合

できるだけ頑丈な建物や地下に避難する。公共交通機関を利用している場合は乗務員等の指示に従う。

②学校等で活動している時間帯の場合

警報が解除されるまで学校等で待機(避難)する。

(4) その他

    通常登校後に警報(暴風・大雨・洪水・暴風雪及び津波など)が発令され、公共交通機関の運休が予想されるなどの場合、授業を打ち切って生徒を下校させることがあります。その際、保護者との連絡が取れない生徒は下校させられない場合があるので、普段から緊急の連絡先を確認しておいてください。また、生徒帰宅後、学校への報告をお願いします(連絡方法は下校時に指示します)

     通常登校後に大津波警報が発令された場合など、下校に危険が予想される際は、生徒を学校に待機させます。

     その他、ご不明な点等がありましたら、学校までお問い合わせください。

担当:教頭 0154-22-2760